Visa Everywhere Travel Report: 2014 FIFAワールドカップ ブラジル開催後、海外旅行者によるVisaカード利用が最初の4日間で$2700万に | Visa

Visa Everywhere Travel Report: 2014 FIFAワールドカップ ブラジル開催後、海外旅行者によるVisaカード利用が最初の4日間で$2700万に

06/19/2014

サンパウロ、2014年6月17日 — グローバルペイメントリーダーであるVisaは、2014 FIFA ワールドカップ ブラジルに関連する”Everywhere Travel Report(エブリウェアトラベルレポート)”を発表しました。同レポートはクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードなどのVisaの商品を利用した旅行データや海外旅行者によるカード利用を分析しています。
 

Visaの調査によると、ブラジルへの旅行者が大会開催後4日間(2014年6月12日~15日)にVisaカードで支払った総額が2,700万米ドル(以後円換算1ドル=100円、27億円)に上ったと発表しました。これはブラジル前年の同4日間と比べて73%の増加率であり、旅行者が約1,850万米ドル(約18.5億円)消費したFIFAコンフェデレーションズカップ2013の開催後4日間(2013年6月15日~18日)と比べて47%の増加です。
 

この4日間にブラジルでVisaカードを利用した支払い額が一番大きかった国は、多い順に米国、英国、フランス、メキシコです。2014年6月14日(土)だけでもブラジルへの海外旅行者がVisaカードを利用した額は1,070万米ドル(10.7億円)以上でした。この日が、2014年に1カ国で旅行者が利用した額が一番多い日となりました。
 

Visaブラジルのカントリーマネジャー、Ruban Ostaは「これらの数字はワールドカップのような大規模なスポーツイベントを開催する国の経済の現地商業を押し上げる絶大な効果があることを証明しています。このトレンドは、イベント開催中に60万人の海外旅行者を期待していたブラジルにとってポジティブな傾向であり、結果的に国の経済を上昇させることになります」と語っています。
 

ブラジルでの海外旅行者によるVisaカード利用額の65%は、上位10カ国の旅行者で占めています。特にオーストラリア(+675%)、コロンビア(+418%)、メキシコ(+204%)、イギリス(+101%) の4カ国は、前年の同4日間と比べて3桁の伸び率になりました。
 

ブラジルで試合開始後4日間(2014年6月12日~15日)にVisaカード利用額が多かった国のトップ10

順位

総利用額 (米ドル/円)

前年比増加率

1

米国

660万/6.6億円

55.5%

2

英国

230万/2.3億円

101.3%

3

フランス

170万/1.7億円

36.8%

4

メキシコ

130万/1.3億円

204.2%

5

アンゴラ

120万/1.2億円

78.6%

6

アルゼンチン

120万/1.2億円

32%

7

ドイツ

100万/1億円

95.6%

8

オーストラリア

96.9万/9690万円

675.2%

9

コロンビア

85.8万/8580万円

418%

10

スペイン

68.9万/6890万円

7.7%


加盟店のカテゴリー別にみると、旅行者は宿泊(500万米ドル、5億円)やレストラン(250万米ドル、2.5億円)で最も多くカードを利用したことがわかります。
 

Ostaはまた次のように述べました。「FIFAならびに2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会のスポンサーとしてVisaはブラジルの加盟店、金融機関と協力して、自国のチームを応援しに世界中から来られるファンの方々のために安全で便利で信頼できる決済基盤を提供しています。そして、旅行と経済成長のパートナーであるVisaは12ある会場で、また、ブラジルにある140万台の非接触型決済端末のどこでも、誰でも、簡単にFIFAワールドカップを楽しめるように努めています。」
 

Visaはブラジルにあるパートナー企業やサービスプロバイダーと協力して、FIFAワールドカップの会場全てに3000以上のVisa非接触型決済サービスと75のATMを含む決済システム基盤を実施し管理しています。 
 

Visaのカードラインアップや海外旅行でのカード利用に関する詳細はこちらをご参照ください: www.visa-news.jp

 

###

 

ビザ・ワールドワイドについて

ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、世界規模のペイメントテクノロジーを提供する企業です。世界の200以上の国と地域において、現金・小切手の代わりに電子通貨を利用することを可能にし、消費者、企業、金融機関、政府機関を結ぶ役割を果たしています。毎秒47000件を超す取引を処理できるVisaNetは世界でも最先端の情報処理ネットワークで、電子通貨の基盤であると同時に、消費者を詐欺や不正行為から守り、加盟店への確実な支払いを可能にしています。Visaの事業の特色として、カード発行、融資、会費や利息の設定を消費者に直接行わないことが挙げられます。Visaは取引先金融機関を通じて、デビットカードによる即時決済、プリペイドカードによる事前決済、クレジットカードによる事後決済といった多彩な選択肢を提供しています。詳しくはwww.corporate.visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧下さい。