VisaとAppleがモバイル決済の新時代を切り開く | Visa

VisaとAppleがモバイル決済の新時代を切り開く

09/10/2014

新しいVisaのトークンサービスと新しいアップルのデバイスにより、より安全な決済を促進;2014年の第四四半期より米国のすべての金融機関にサービス提供可能に。

 

2014年9月9日、カリフォルニア州フォスターシティ - グローバルペイメントリーダーであるVisa Inc.(NYSE: V)は、本日、新しいiPhone 6、 iPhone 6 Plus 及びApple Watchを使った決済サービスをサポートすることを発表しました。Visaトークンサービスと呼ばれる新たなサービスにより、米国の金融機関並びに将来的には米国以外の国々でも、VisaのデビットカードやクレジットカードをAppleの新しい決済サービスである、Apple Payに追加することが可能になります。これにより、消費者は米国の一部加盟店で実際の店舗ならびにアプリ上で簡単かつ安全な購入ができようになります。

 

Visaトークンサービスとは、プラスチックのカードに記載されている重要なカード情報を、モバイルデバイスに安全に保存されるデジタル情報つまり”トークン”に置き換え、そのデジタル情報あるいはトークンを実際の店舗ならびにアプリ上での購入に利用する技術です。 Visaはこのサービスを段階的に金融機関に対し展開していく予定です。まず最初にApple Payへの初期参加者にサービスを提供し、米国のクライアント全社にサービスを拡大していきます。

 

「信頼、規模、安全を兼ね備えたVisaの決済がApple Payで利用可能になることで、モバイル決済の普及に拍車をかけることになるでしょう。」とVisa Inc.のCEO、チャールズ・シャーフはコメントしています。また、「当初よりわれわれは、トークンサービスにより消費者にとっても加盟店にとってもこれまでにない新たなすばらしい経験が可能になると申し上げてきましたが、今日のAppleとの発表で現実になり、今後もさらに続いていくと考えます。」とも述べています。

 

Apple Payは、いくつかのもっとも顧客来店数が多い店舗及び、App Storeのアプリ上で、新しいiPhone 6 iPhone 6 Plus やApple Watchを使って、指先を触れるだけで購買が可能になります。Visaカード保有者は、これまでと同様VisaクレジットカードやVisaデビットカードの優待特典やセキュリティ機能を享受することができます。

 

Visaカード保有者が新しいiPhone 6、 iPhone 6 Plus 及びApple Watchを使って、店舗ならびにアプリ上でも購買ができるようになることで、消費者は、自分が望む方法で常に決済できることになります。

 

「Appleが提供する新たなデジタルな経験とVisaの提供する新たなネットワークが組み合わされたことにより、何百万ものVisaカード保有者、加盟店、及び金融機関の方々にすばらしい決済環境とより強固なセキュリティを提供できます」とシャーフは述べています。

 

Visaのもつ2つの決済プラットフォームであるCyberSourceとAuthorize.NetもApple Payに組み込まれ、オンラインの加盟店には決済マネジメントソリューションを提供し、iPhone 6、iPhone 6 Plus 及びApple Watchから安心してアプリ上の決済を行えるようサポートしています。

 

さらに詳しい情報は、www.visa.com/digitalsolutions(英語サイト)をご覧ください。