Apple Pay対応のVisaカード、米国でサービス開始 | Visa

Apple Pay対応のVisaカード、米国でサービス開始

10/16/2014

iPhone 6、6 Plusのユーザーに、安全、便利な決済方法を提供

 

2014年10月16日、カリフォルニア州フォスターシティ -グローバルペイメントリーダーであるVisa Inc.(NYSE:V)は本日、米国のVisaカード保有者を対象に、Appleの新決済システムApple Payのサービスを開始することを発表しました。10月20日から利用可能となるこのサービスにより、米国内の一部の加盟店での買い物に際して、新型iPhoneを使って簡単に決済できるようになります。

 

対象となるVisaカードは、Bank of America、Capital One、Citi Bank、Chase and Wells Fargo Bankから発行されたもので、iPhone 6またはiPhone 6 Plusユーザーは、Visaカードの代わりにApple Payを使って実店舗での決済が可能になります。iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air 2、およびiPad mini 3のユーザーは、アプリを使用して商品やサービスを購入する際にもApple Payで決済できます。Visaは、前述のカード発行元に加えて、クライアントである何千もの米国金融機関と連携し、カード保有者に向けて新しいApple Payサービスの提供を可能にするために積極的に取り組んでいます。

 

Visa Inc.プレジデントのライアン・マックイナーニーは次のように述べています。「今日、Visaと決済業界にとって新しい時代が始まります。Visaのネットワークが誇るパワー、展開範囲、およびセキュリティと、Appleが提供する新しい決済体験とが組み合わさることで、お客様のお支払い方法が根本から変化することになるでしょう。これはほんの始まりに過ぎません。Visaが開発した新技術とApple Payとの統合により、モバイルデバイスを問わず、どの店舗でも消費者がVisaに期待する信頼とメリットを確保しながら優れたお買い物体験を提供できるようになりました。」

 

Apple Payを利用してお買い物をするVisaカード保有者は、従来のVisaクレジットカードやVisaデビットカードでお買い物をする時と同様に、リアルタイム不正監視機能付きの高度なセキュリティによる保護、不正利用から生じる支払い責任をゼロとするゼロライアビリティ保証、および優待特典を享受できます。また非接触型端末を設置した店舗であれば、海外でもご利用が可能です。

 

Apple Payのセットアップ

Visaカード保有者がすでにiTunesの会員である場合、カード保有者はiTunesのアカウント上でApple Payのデフォルトの支払い方法としてクレジットカードかデビットカードを指定します。または、AppleのiSightカメラを使用してVisaカード情報をキャプチャするか、Visa決済カード情報を手入力します。Apple Payに最初に登録されたカードが自動的にデフォルトのアカウントとなりますが、アカウント保有者はPassbookからいつでもデフォルトのカードを変更したり、新しいカードを追加登録することが可能です。

 

Apple Payを通じたVisa決済が安全である理由

Apple Payを通じてVisa決済をするとき、アカウント保有者の16桁のクレジットカード番号またはデビットカード番号を含む決済情報は、iPhone 6およびiPhone 6 Plus上または店舗のシステム上に一切保存されません。代わりに、Visaの新技術により一意のデジタルアカウント番号が生成され、それがカード番号の代わりとして決済に使用されます。デジタルアカウント番号はデバイス固有の番号で、その特定の携帯デバイスまたは携帯電話を使用してお買い物をする時のみ使用されます。万が一デバイスの紛失や盗難が発生しても、デジタルアカウント番号を無効化すればよいため、本来のクレジットカードまたはデビットカードを再発行する必要がありません。

 

デジタルアカウント番号を使用することにより、Apple Payを使用した決済では高いセキュリティレベルが確保されるため、決済情報が完璧に保護されます。ご利用者のカード発行会社のみが、請求、リスク分析、および特典管理目的で取引の詳細にアクセスできます。

 

Apple Payを利用した決済の方法

店舗でお買い物をするVisaカード保有者は、店舗に設置されている非接触型読取端末にiPhone 6またはiPhone 6 Plusをかざし、指紋認証機能であるTouch IDに指先をあてると支払いが承認されます。米国内で非接触型読取端末を設置している店舗は22万件以上にのぼります。さらにVisaアカウント保有者は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air 2、iPad mini 3を使用したアプリ内でのオンラインショッピングの支払いにもApple Payを利用できます。

 

さらに詳しい情報は、www.visa.com/applepayまたはwww.apple.com/apple-pay(英語サイト)をご覧ください。

 

###

 

ビザ・ワールドワイドについて

ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、世界規模のペイメントテクノロジーを提供する企業です。世界の200以上の国と地域において、迅速、安全かつ信頼のおける電子決済で消費者、企業、金融機関、政府機関を結ぶ役割を果たしています。毎秒56,000件を超す取引を処理できるVisaNetは世界でも最先端の情報処理ネットワークで、電子通貨の基盤であると同時に、消費者を詐欺や不正行為から守り、加盟店への確実な支払いを可能にしています。Visaの事業の特色として、カード発行、融資、会費や利息の設定を消費者に直接行わないことが挙げられます。Visaは取引先金融機関を通じて、デビットカードによる即時決済、プリペイドカードによる事前決済、クレジットカードによる事後決済といった多彩な選択肢を提供しています。詳しくはwww.corporate.visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。