世界最大の決済ネットワークVisaと札幌市 | Visa

世界最大の決済ネットワークVisaと札幌市

01/15/2015

訪日観光客の消費拡大を目指す取組みを共同実施

札幌市と、地域貢献の一環として訪日観光の振興に力を入れてきたビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(代表取締役:岡本和彦、以下:Visa)は、雪祭りの時期を中心とした1月から2月の間に、札幌市を訪れる訪日外国人に歓迎の意を示し、札幌でのお買い物を楽しんでもらうべく受入環境の整備を行い、札幌市内での訪日外国人による消費拡大を目指します。
 

 受け入れ環境整備の具体策としては札幌市内の主要商業施設、及び札幌大通りまちづくり会社等の協力を得て、①Enjoy Shopping in Sapporoを多言語で表現したストリートフラッグを駅前通り(札幌駅~4番街)に掲示 ②札幌市内商業者を対象とした、訪日外国人受け入れに必要なことが学べる「おもてなしセミナー」の開催、③雪祭り会場において、Visaカードでお買い物をした訪日外国人を対象としたプレゼント施策の実施 ④ 本取組みに参加する各店舗においてSmile Sapporo x Visaのステッカーの掲出などを行う予定です。
 

 札幌市を訪れる訪日外国人は伸びており、2014年度は単年度で100万人を超える見込みとなっており、地域経済にも大きな影響を与える存在となっています。また、1月から2月といった時期は、春節とも重なり、例年多くの訪日外国人が札幌を訪れています。しかし訪日外国人が利用できるATMが限られており、市中の両替所も少ない状況では、旅行中の円の調達は容易でないため、カード決済の環境整備を訪日外国人に告知することで、消費機会の損失を防ぐことに寄与できると考えます。
 

 2020年までに日本政府は今よりも約1.5倍の2000万人の外国人の訪日の達成を目標としています。それに伴い、今後もより多くの訪日外国人が札幌市を訪れることが予想され、札幌市とVisaは今後も、訪日外国人の受け入れ環境整備に尽力していきます。


以上


 
【別紙】

取組み詳細
① Enjoy Shopping in Sapporo ストリートフラッグの掲示
掲出場所: 駅前通り(札幌駅~4番街)
掲出期間: 平成27年1月25日~2月28日
 

掲出数:
札幌駅~北一条 : 48枚 (札幌市北4条から北1条の駅前通り沿い)
大通り~南 : 26枚 (札幌市南1条から南2条の駅前通り沿い)
 

② おもてなしセミナーの開催
日時: 2015年1月16日 13:30~15:00 
会場: 札幌市中央区北1条西4丁目 札幌グランドホテル 3階 「GINSEN」
 

③ お買い物をした訪日観光客を対象としたプレゼント施策
札幌市内において海外発行のVisaカードで1,000円以上のお買い物をした方全員を対象に、
雪まつり会場において、札幌の銘菓とホットドリンクをプレゼントいたします。

   実施期間: 2015年2月5日~11日
商品引換: 第66回さっぽろ雪まつり大通り7丁目会場 
           無料休憩所ブース(運営:JTB北海道/会場内で唯一の通訳常駐の休憩所ブース)
プレゼント内容: YOSHIMI 札幌おかき Oh! 焼きとうきび 小袋1袋 /ホットドリンク
※「焼きとうきび」については(株)YOSHIMIより協賛
 

④ 各店舗での「SAPPORO × Visa」ステッカーの掲出
※参加施設・団体(順不同)
APIA、ESTA、PASEO、札幌STELLAR PLACE、大丸 札幌店、さっぽろ東急百貨店、ビックカメラ札幌店、札幌三越、丸井今井札幌本店大通館、丸井今井札幌本店1条館、丸井今井札幌本店南館、丸ヨ池内 IKEUCHIGATE、丸ヨ池内 IKEUCHIZONE、東急ハンズ 札幌店、ドンキホーテ 札幌店、札幌パルコ、4丁目プラザ、PIVOT、札幌地下街(ポールタウン/オーロラタウン)、狸小路商店街、四番街商店会、セブンイレブン(札幌市内店舗)、アインズ※2015年1月14日現在の参加状況

          

ビザ・ワールドワイドについて

ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、世界規模のペイメントテクノロジーを提供する企業です。世界の200以上の国と地域において、現金・小切手の代わりに電子通貨を利用することを可能にし、消費者、企業、金融機関、政府機関を結ぶ役割を果たしています。毎秒56000件を超す取引を処理できるVisaNetは世界でも最先端の情報処理ネットワークで、電子通貨の基盤であると同時に、消費者を詐欺や不正行為から守り、加盟店への確実な支払いを可能にしています。Visaの事業の特色として、カード発行、融資、会費や利息の設定を消費者に直接行わないことが挙げられます。Visaは取引先金融機関を通じて、デビットカードによる即時決済、プリペイドカードによる事前決済、クレジットカードによる事後決済といった多彩な選択肢を提供しています。詳しくはwww.corporate.visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧下さい。