先輩の支払いシーンにおける後輩の視線と集中力を検証「The Supper~計測された会食~」 3月31日(火)より公開 | Visa

先輩の支払いシーンにおける後輩の視線と集中力を検証「The Supper~計測された会食~」 3月31日(火)より公開

03/31/2015

 ビザ・ワールドワイド(以下:Visa、代表取締役:岡本和彦、所在地:東京都千代田区)は、先輩と後輩の会食時における支払いシーンを検証したムービー「The Supper~計測された会食~」を、2015年3月31日(火)より公開いたします。後輩全員が先輩の支払いシーンに注目。ゴールドカードによる支払いが、最も後輩の集中力を上昇させる結果となりました。また、後輩のコメントより、ゴールドカードは信頼感やかっこよさ、憧れを抱かせる支払い方法であることが分かりました。
 

「The Supper~計測された会食~」は、若いうちから管理職、マネージャー職に着任し、人前での支払いを担うことが多い20代後半から30代中盤のビジネスマンをターゲットとしたムービーです。ゴールドカードを持つことでうまれる心理的な影響を様々な角度で検証、実験すべくVisaが立ち上げた「Visa Gold Lab」の企画第一弾となります。先輩1名と後輩3名のチームで構成された計3チームの会食シーンを検証いたしました。3名の先輩は、現金、クラシックカード、ゴールドカードのそれぞれ異なる支払い方法で会食費を精算します。後輩は、ウェアラブルカメラと脳波測定デバイスを装着し、会食に参加。会食時、後輩が先輩のどういった行動に着目するか、また、その行動に対しての集中力の変化を調査いたしました。

 ウェアラブルカメラを用いた視線の認識により、各チーム3名の後輩全員(9名)が、先輩の支払いシーンを目視していたことが分かりました。また、先輩の支払いシーン前後の後輩の集中力の変化を調査。支払いシーンに差し掛かるにつれ、9名の後輩全員の集中力は上昇する結果に。「一つのことだけを考えること」で集中力は高まることから、このシーンで後輩は先輩の支払う行動のみを考えていたことがわかります。また、支払い前後の集中力の上昇度を見ると、現金(45%)、クラシックカード(37%)、ゴールドカード(64%)となり、ゴールドカードが後輩の集中力を最も上昇させた支払い方法となりました。今回の検証から、後輩は先輩が支払うシーンと、支払い方法に注目していることが明らかとなりました。

後輩のインタビューコメント
実験終了後、各チームの後輩へインタビューを実施。先輩の支払時にどのような感想を持ったかをヒアリングしたところ、現金チームでは、「先輩がお札を数えたりすることで料金が分かってしまうので、気まずかったです」というコメント。一方、クラシックカードチームでは、「カードだと支払いの時がスムーズでスマート」といった声があがりました。さらに、ゴールドカードチームでは、「ゴールドカードでお支払い頂くと、とても信頼できる感じがしました」、「かっこいいビジネスマンの雰囲気がでますね。自分もいつかは持ってみたいという憧れがあります」というコメント。インタビューコメントから、現金よりカードの方が、スムーズでスマートな支払い方法という印象を与え、ゴールドカードは、さらに信頼感やかっこよさ、憧れを抱かせる支払い方法となることが分かりました。

ビザ・ワールドワイドについて

ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、世界規模のペイメントテクノロジーを提供する企業です。世界の200以上の国と地域において、迅速、安全かつ信頼のおける電子決済で消費者、企業、金融機関、政府機関を結ぶ役割を果たしています。毎秒56,000件を超す取引を処理できるVisaNetは世界でも最先端の情報処理ネットワークで、電子通貨の基盤であると同時に、消費者を詐欺や不正行為から守り、加盟店への確実な支払いを可能にしています。Visaの事業の特色として、カード発行、融資、会費や利息の設定を消費者に直接行わないことが挙げられます。Visaは取引先金融機関を通じて、デビットカードによる即時決済、プリペイドカードによる事前決済、クレジットカードによる事後決済といった多彩な選択肢を提供しています。詳しくはwww.corporate.visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。