「スターフライヤーVisaビジネスカード」誕生 | Visa

「スターフライヤーVisaビジネスカード」誕生

12/21/2015

~法人向け予約システム「SF-Biz」(エスエフ ビズ)がクレジットカード決済対応可能となり、よりシンプルな精算処理と幅広いマイルの獲得が可能に!~

株式会社スターフライヤー(本社:福岡県北九州市、代表取締役 社長執行役員:松石 禎己、以下:スターフライヤー)は、九州カード株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:小石原 冽、以下:九州カード)とビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ジェームス・ディクソン、以下Visa)と連携し、法人専用のカードプログラム「スターフライヤーVisaビジネスカード」の取扱を開始いたしました。
本プログラムは、出張を効率的にサポートするスターフライヤーの法人顧客向け予約システム「SF-Biz」(エスエフ ビズ)にVisaがサービス提供する最新のB2B決済ソリューション「Visa Business Pay」を通じて、カード決済を導入するものです。このプログラムの導入により、今まで銀行振込しか対応していなかった航空券代金のお支払いに対し、クレジットカードによる事後払い一括精算が可能となります。
また航空券請求データの確認や支払業務をWEB上で簡単に行うことができるなど、「スターフライヤーVisaビジネスカード」を利用することで、更に業務効率性が向上いたします。
もちろん航空券代金だけでなく、出張時のご飲食代・ご宿泊代等の経費立替払いも本カードをご利用いただけます。また、ご搭乗の際のフライトマイルはもちろん、経費のお支払いでもマイルが貯まる※Visa法人カードは、「スターフライヤーVisaビジネスカード」が国内初のプログラムとなります。
※フライトマイルは本カードご搭乗者様へ積算されます。経費の支払いによるマイルはポイントサービス、「ワールドプレゼント」から手数料無料でスターフライヤーのマイルに移行可能で、企業の代表者へ付与されます。

 

###

 

ビザ・ワールドワイドについて

ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、世界規模のペイメントテクノロジーを提供する企業です。世界の200以上の国と地域において、迅速、安全かつ信頼のおける電子決済で消費者、企業、金融機関、政府機関を結ぶ役割を果たしています。毎秒65,000件を超す取引を処理できるVisaNetは世界でも最先端の情報処理ネットワークで、電子通貨の基盤であると同時に、消費者を詐欺や不正行為から守り、加盟店への確実な支払いを可能にしています。Visaの事業の特色として、カード発行、融資、会費や利息の設定を消費者に直接行わないことが挙げられます。Visaは取引先金融機関を通じて、デビットカードによる即時決済、プリペイドカードによる事前決済、クレジットカードによる事後決済といった多彩な選択肢を提供しています。詳しくはwww.corporate.visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。