パートナー・エリア連携拡大により 地域特性を活かしたキャンペーンを強化 ~原宿・表参道、京都、札幌の3地域・都市で旧正月に合わせたキャンペーンを開催!~ | Visa

パートナー・エリア連携拡大により地域特性を活かしたキャンペーンを強化

12/21/2016

~原宿・表参道、京都、札幌の3地域・都市で旧正月に合わせたキャンペーンを開催!~

ビザ・ワールドワイド(以下Visa、代表取締役:ダレン・パースロー、所在地:東京都千代田区)は、旧正月に合わせ、2017年1月から3月にかけて、外国人観光客にも人気の原宿・表参道、京都、札幌で、地域特性を活かした訪日外国人観光客向けキャンペーンを実施いたします。このキャンペーンは、日本を訪れる外国人観光客の方々に対し歓迎の気持ちを表すとともに、Visaカードを利用してショッピングや食事を楽しんでもらうことを目的としています。今年は、それぞれの地域・都市特性、ニーズ、課題を踏まえて、パートナーやエリア連携強化を図り、2020年に向けて更に活性化すると考えられるインバウンド市場の拡大及びインバウンド消費の増加を目指します。

表参道では、2017年1月16日から2月28日まで“Tokyo Shopping Week 2017”を開催いたします。表参道でのキャンペーンは今年で5年目となりますが、本年から開催エリアに日本の若者文化の発信地である原宿竹下通商店会(以下、竹下通り)が新たに加わります。様々なファッションが集積する原宿・表参道の“二大商業エリア”が地域の枠を超えて一体となってキャンペーンを展開することにより、外国人観光客の地域内、地域間における回遊性を高め、原宿・表参道の認知向上ならびにインバウンド消費の増加に貢献したいと考えています。

本年度開催5回目となる札幌では、世界中から多くの観光客が来場する「さっぽろ雪まつり」の開催期間及び旧正月時期を含む2017年1月16日から3月31日まで、ショッピングを対象としたエリアキャンペーンを実施いたします。土地柄、移動距離が長くなる北海道においては、札幌中心部のみならず、全道への観光拠点となる近郊の集客施設との連携を深めることが重要となるため、今回は北海道が持つ豊かな資源・魅力をアピールする北海道全域を対象としたキャンペーンを実施いたします。

京都でのキャンペーンは2回目となりますが、地域連携をさらに強化すべく、昨年の「買い物」「食事」というカテゴリに新たに「宿泊」を加えて、それぞれ「嵐山」「レストラン」「旅館」をテーマとした取組を1月から2月に展開し、観光消費の更なる拡大を図ります。昨年に引き続き、伝統産業品や冬の京都の食の素晴らしさに加えて宿泊施設不足を補う「旅館」の魅力を大々的にアピールし、さらなる京都の魅力を伝えてインバウンド市場を盛り上げていきたいと考えています。

Visaはこれからも地域連携を強化し、インバウンド消費拡大による地域活性化への貢献を目指していきます。



ビザ・ワールドワイドについて
ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、世界規模のペイメントテクノロジーを提供する企業です。世界の200以上の国と地域において、迅速、安全かつ信頼のおける電子決済で消費者、企業、金融機関、政府機関を結ぶ役割を果たしています。毎秒65,000件を超す取引を処理できるVisaNetは世界でも最先端の情報処理ネットワークで、電子通貨の基盤であると同時に、消費者を詐欺や不正行為から守り、加盟店への確実な支払いを可能にしています。Visaの事業の特色として、カード発行、融資、会費や利息の設定を消費者に直接行わないことが挙げられます。Visaは取引先金融機関を通じて、デビットカードによる即時決済、プリペイドカードによる事前決済、クレジットカードによる事後決済といった多彩な選択肢を提供しています。詳しくはwww.corporate.visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。