Visa、FIFAワールドカップ2018でロシアを訪れる推定50万人の旅行者にデジタル決済を提供 | Visa

Visa、FIFAワールドカップ2018でロシアを訪れる推定50万人の旅行者にデジタル決済を提供

12/01/2017

FIFAのオフィシャルパートナーであるVisaが、FIFAワールドカップ2018ロシア大会の最終抽選の時期に合わせ、旅行や消費支出に関するデータを発表

 

*本リリースは 2017年11月28日米国にて発表されたリリースの抄訳です。

ご参照: https://usa.visa.com/about-visa/newsroom/press-releases.releaseId.2318805.html

 

2017年11月28日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ
—決済サービスにおけるFIFAのオフィシャルパートナーであるVisa(NYSE: V)は、FIFAワールドカップ2018ロシア大会の組み合わせ抽選会を記念し、FIFA ワールドカップ2018の開催に伴う旅行や消費支出のデータを発表しました。Visaは、FIFAの公式試合の会場すべてで、Visaのクレジットカードやデビットカードだけでなく、モバイルや腕時計経由といった幅広いデジタル決済に対応したPOSターミナルを設置し、楽しい体験をキャッシュフリーで行えるようにします。

 

こうした取り組みにより、FIFAの公式試合会場には最先端の決済イノベーションが装備され、ロシアへの訪問が見込まれる海外旅行者の増加に備えることができます。Visaは、消費傾向およびVisaの知見を基に、2018年の6~7月にロシアを訪れる海外旅行者1は、過去4年間の同時期にロシアを訪れた海外旅行者のベースライン平均である430万人2に加え、30~50万人1増加すると算出しています。

 

FIFAワールドカップの過去4大会のデータ1に基づくと、2018年6~7月にロシアを訪れる海外旅行者数が増加することで、同国を訪れる旅行者数は6~10%増加するとVisaでは推測しています。ロシアを訪れる外国人旅行者の、上位に予想される出身地域は以下の通りです。

ヨーロッパ(69%)アジア太平洋(12%)アメリカ(8%)

 

 

 

また、FIFAワールドカップ2014ブラジル大会のデータ3からは、旅行者一人当たりの消費支出も増加すると見込まれます。2014年にFIFAワールドカップ ブラジル大会を観戦した旅行者のカード1枚当たりの消費支出は、ブラジルを訪れる通常の旅行者に比べ、31%も多くなっています。Visaは、この違いはFIFAワールドカップのファンによる以下のような消費支出の結果だと考えています。

レストランでの消費支出増加25%超交通機関利用での消費支出増加10%超宿泊での消費支出増加10%弱

 

 

 

Visaロシアのカントリーマネージャーであるエカテリーナ・ペテリナ(Ekaterina Petelina)は次のように述べています。「私たちは、決済サービスにおけるオフィシャルパートナーとして、世界中のサッカーファンにロシアで会えることを楽しみにしています。最新の決済イノベーションを披露するだけでなく、公式試合会場すべてで非接触型カードやモバイル、腕時計経由といったデジタル決済が可能となるように決済端末の機能向上をはかるなど、Visaは引き続き、ワールドカップがより楽しいものとなるよう尽力します。Visaは、ワールドカップを観戦する皆様にシンプルでセキュアな決済オプションを提供し、支払いに時間を取られることなく素早く席に戻り試合に集中できる環境を提供します。」

 

FIFA ワールドカップ2018ロシア大会のチケットは世界的に売れ行き好調で、FIFAの最近の発表では以下の通り報告されています。

世界中のFIFAワールドカップ ファンに向けて、これまでに80万枚近くのチケットが販売されている。ホスト国であるロシアからの購入が半分近く、海外からの購入は、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、コロンビア、ドイツ、インド、メキシコ、および米国といった国々が上位を占めている。

 

 

FIFA ワールドカップ2018ロシア大会において、ファンがシームレスでセキュアな決済体験を提供できるよう、Visaは以下のような旅行のヒントを作成し、ファンに役立てて欲しいと考えています。

 

 

ロシアに出発する前のヒント

カード発行銀行または金融機関に、海外でのVisaデビット、クレジット、プリペイドカードの使用を含めた旅行計画を伝えておき、処理の際に問題が生じないようにします。発行銀行は、Visaアカウント保有者に、銀行の携帯アプリやVisaの旅行認証タグ(Travel
Authorization Tag)を使用したモバイル・ロケーション ・コンファメーション(位置確認)といった、オプトイン・モバイルサービスを始め、旅行関連のお得な情報を提供してくれます。指定した銀行のSMS通知サービスに登録するか、その銀行の取引通知サービスに登録して、旅行中にVisaの登録口座で行った購入履歴を確認できるようにしておきます。クレジットカードの自動引き落としを設定しておくと、海外旅行中でも口座が最新の状態に保たれているため安心です。旅行関連の重要書類(パスポートなど)はコピーを2部作成し、緊急時に備えます。コピーの1部は、友人か親戚に預け、残りの一部は原本とは別にして持ち歩きましょう。携帯電話で重要書類の写真を撮っておくこともお勧めです。

 

 

 

 

*上記サービスの中には、日本で提供していないサービスも含まれます。

 

ロシア滞在中のファンのためのヒント

カードでの支払い時は有利な為替レートを適用させるため「現地通貨」で支払いを行いましょう。購入時にはクレジットカードまたはデビットカードを使用しましょう。Visaのカードは、海外での支払いにおける安全性、利便性、手軽さを兼ね備えています。現金を持ち歩くよりも安全です。クレジットカードやデビットカードを使用するときは、セキュリティ強化のために、可能な限りICチップ搭載の端末を利用しましょう。POS端末のある場所では、「Visa」または「PLUS」のロゴを探して、海外のペイメントカードに対応しているかを確認しましょう。

 

 

 

 

FIFAワールドカップ2018ロシア大会の決済サービスにおけるオフィシャルパートナーとして、Visaは、ロシアで高まるサッカー熱を祝し、未来のデジタル決済を世界中のサッカーファンにお見せできることを楽しみにしています。FIFAワールドカップ2018
ロシア大会に対するVisaのスポンサーシップの詳細は、こちらをご覧ください。www.visa.com.

 

Visaインターナショナルトラベル(VISIT)の内容

Visaインターナショナルトラベル(VISIT)プラットフォームはVisaのカード保有者のデータと、公表されている海外旅行者統計を統合する、Visa専有のモデルです。本データベースは現在、出発国および訪問国の上位82ヶ国(海外旅行全体の80%以上)を網羅しており、高頻度の海外旅行について包括的な見識を得ることができます。

VISITは、指定した月に、Visaカード保有者が海外の加盟店で対面取引を行った数を他のトランザクションデータ(カード保有者1人当たりの平均消費支出額、加盟宿泊施設でのカードの使用パターン、その他)と統合することができます。Visaはこのデータを利用して、政府筋がまとめた海外からの訪問における公式な統計の計量経済学的なモデルを構築し、著しく不足する海外旅行データの補強をおこないます。

 

 

### 

ビザ・ワールドワイドについて

ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、電子決済の世界的リーダーです。Visaのミッションは、最も革新的で信頼性が高く安全な電子決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。Visaが保有する最先端のグローバルなプロセシングネットワークであるVisaNetは、毎秒65,000件を超す取引を処理することができ、世界中に安全かつ信頼のおける電子決済を提供します。Visaは常にイノベーターであり続け、あらゆるデバイスを利用した商取引の発展を促進し、誰でもどこでも利用できる夢のキャッシュレス社会を実現する原動力となっています。世界がアナログからデジタルに移行しつつある今、Visaは自社のブランド、商品、人材、ネットワーク、および企業スケールを活かして商取引の未来を形作っていきます。詳しくは、usa.visa.com/aboutvisa(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。